オウルヘ行って来ました。キャンプ編2

2017年6月19日月曜日

オウルヘ行って来ました。キャンプ編2です。

キャンプ中に行った他のプログラム詳細を書きたいと思っていたのですが、ちょっとアクシデントがありほとんどの写真が消えてしまいました。すいません。なので唯一残っている写真をアップしていきたいと思います。

キャンプのプログラムの一貫に、動物と触れて遊ぶというのがありました。ホテルの近くに牧場があり皆んなで遊びに行きます。




寒い中を歩きます。途中に川があったりと綺麗でしたが、もちろん雪が被さっています。
着いた牧場には、ポニー、ヤギそしてウサギなどがいました。



ポニーを撫でたり、ブラッシングをしたりしました。子供達も近くで可愛いポニーに触れて喜んでいました。
一見、ただ遊んでいるように見えますが実はこれも立派なリハビリの一貫なのです。

フィンランドでは自閉症やダウン症の子供の為のリハビリで乗馬があります。日本ではホースセラピーと呼ばれているみたいですね。
乗馬をする事でバランス感覚や筋肉の発達を促すのも目的ですが、乗馬で重要な事は意思疎通。自分の意思や感情を伝えないと乗馬をする事は難しくなってしまいます。

前のブログで説明したように、コミュニケーションが苦手な傾向があるダウン症や自閉症の子供達。
乗馬を通してコミュニケーション能力を培い、馬の世話をする事で意思を伝えるだけではなく相手の気持ちも理解できるように手助けするのが目的です。




今回は、実際に乗馬をする事は出来なかったですが子供達もとても喜んでいました。


その後はウサギ小屋に行って、ウサギやヤギに会うためにウサギ小屋へ。マイカにとって初めての動物なので怖がるのかなと思いましたが、恐怖心より好奇心の方がまさっていました。掴まれまいと必死に逃げるウサギを必死に追いかけていました。

色々なリハビリがあるフィンランド。本当に良い刺激になり勉強になります。


0 コメント:

コメントを投稿

Pieni Kauppa Blog All rights reserved © Blog Milk Powered by Blogger