フィンランドに来て1番嬉しい事

2017年10月25日水曜日

皆さま、お久しぶりです。


私たちがフィンランドに引っ越して来て1年とちょっとが経ちました。

引っ越して来た時は、アパートの掃除、引っ越しの荷物整理、住民票やビザの申請など色々とやる事が多く、大変な日々を過ごしていたのですが(2人の小さい子供がいると倍以上時間がかかってしまいますし....)、最近ではやっと日々の生活のリズムができてきた感じがします。

子供達も順調に大きくなり、最近では一緒に遊んでくれる様になったり、夜1人で寝れる様になったりと手がかからなくなってきました。

お店の方も少しずつですが、アイテム数を増やしたり、SNSで写真をアップしたりと北欧らしい情報を少なからず皆様にお伝えできているのかな?っと、感じております。(相変わらずブログの投稿は少ないですが...スミマセン)

1年を振り返ってみて、1番嬉しかった事を自分達も忘れない様にここに書いておこうと思います。

引っ越して来て嬉しい事は沢山あります。北欧の素敵な家に住める、北欧雑貨がもっと身近にある、北欧ファンからすれば夢の様な事ですが、こっちに引っ越してきて1番嬉しかったのは、マイカの為のサポートが充実している事でした。
もちろん、フィンランドに引っ越して来た最大の理由がマイカの為であり、北欧の福祉が充実しているのも耳にしていましたが、ここまで良いとは思っていませんでした。


Photo by Ashley Schulman 、こんなに大きくなりました。

以前、ブログにも書いた様にOT(作業療法士)、PT(理学療法士)、ST(言語聴覚士)の方が幼稚園まで週1で来てくれてマイカと一緒に作業をしてくれるのもとても助かっています。そんな充実した福祉の中でも1番嬉しいのは皆んなで一緒に育てるというディスタンスです。

つい先週、マイカの発育の為のミーティングが保育園で設けられました。


プライベート保護の為目隠しをしています。

幼稚園の先生はもちろん、OT、ST、PTの先生達、そして市役所の福祉課からもマイカの担当の方が来てくれて、皆んなでマイカの現状確認とこれからの方向性の事などを話します。

グループ行動や違う環境でどの様に振る舞うのかなど、普段一緒にいるだけでは見えてこない事もたくさんあり、家や幼稚園での振る舞いから見えてくる課題などを先生達と話し合い同時に療法士の方達からアドバイスをもらいながらリハビリの方向性を一緒に考えます。

このミーティングの素晴らしいところは、幼稚園の先生達もプロフェッショナルに質問したり、アドバイスをもらえるので共通理解ができる点です。家でも幼稚園でも同じクオリティーで療法が出来るのは親からすればこの上ない環境です。

最初、幼稚園に入れるか迷ったのですが、マイカが小学校に行く前に他の子供達とも一緒に遊んだり、グループで行動する事、スケジュールに沿って行動する事に慣れて欲しい気持ちがあったので週3で通園する決断をしたのですが、本当によかったと思います。


最近、車を綺麗に並べるのがお気に入りのマイカ

多くの人に助けてもらって、ちょっとずつですが確実に成長していっているマイカです。これからの成長がとても楽しみな親バカです😂

先日、フィンランドから新アイテムの荷物を送りました〜。来週ぐらいにはご紹介出来ると思いますのでお楽しみに!



0 コメント:

コメントを投稿

Pieni Kauppa Blog All rights reserved © Blog Milk Powered by Blogger